高市早苗は整形している?眉と頬を若い頃の画像と比較検証!

総裁選に出馬を表明した高市早苗さん。

女性初の総理大臣になる可能性もある為、注目度がすごいですね!

高市さんの経歴や政策も気になるところですが、SNSでは、高市さんの整形疑惑が話題沸騰中です。

今回は、高市早苗さんは整形しているのか、眉や頬を若い頃の画像と比較検証してみます!

高市早苗は整形している?

高市早苗さんが整形しているのではという声が、SNSで話題になっています。

SNSでは、「眉毛がアートメイク?」「頬がボコボコしている」という意見がたくさんありました。

アートメイクなどの整形をしている方は、世間にもたくさんいると思いますが、メディアなどの露出が多いと、その変化に気づいてしまう場合がありますよね!

高市早苗さんは、何十年も国会議員をされているので、加齢による変化もあると思いますが、不自然に感じる部分もあるので、パーツごとに確認してみましょう!

高市早苗さんの眉を若い頃の画像と比較検証!

とても若い頃、20代頃の画像と思われます。

前髪で眉毛の確認は難しいですが、お美しい方で美意識が高そうなことが想像できますね!

多くの女性が眉毛を気にするのと同様に、高市早苗さんも、眉毛はもちろん、メイクに気をつかっていたのは間違いないと思われます。

30代後半の画像です。

やや太く濃いめで、キリッとした眉をしていますね。

形はくっきりとしていますが、不自然さは感じません。

こちらは40代後半の画像ですが、とてもお若くキレイですね。

眉毛の濃さは変わっていないようですが、30代ではわりと平坦だったのに対し、アーチがついたように見えます。

第一次安倍内閣で初入閣も果たし、強さを感じる眉毛になってきたのではないでしょうか。

この画像は50代前半のものですが、眉尻が消えているようです。

拡大してみましょう。

やはり、眉尻が消えているので、この画像から考えると、この時点ではアートメイクはされていないようです。

衆院本会議にのぞむ高市早苗衆院議院運営委員長=2018年10月29日、国会内

こちらは、50代後半の画像です。

アーチが強く、輪郭がはっきりし、形が整い過ぎて、スタンプを押したような眉毛に見えます。

この画像を見ると、アーはっきりトメイクと思ってしまいますね。

 

そしてこれは、最近テレビ出演された時の画像ですが、やはりアートメイクにも見えますし、きっちり描いたようにも見えます。

アートメイクにしてもご自分でメイクするにしても、もう少し自然に見える眉毛の方が、素適に見えると思うのですが、側近の方のアドバイスなどはないのでしょうか。

これからも、高市早苗さんの眉をチェックしていきたいと思います。

高市早苗さんの頬を若い頃の画像と比較検証!

SNSでは、高市早苗さんの頬が「ボコボコしている」「頬が動かない」などの意見が多いです。

この画像では、頬がボコボコに見えます。 年齢的なものや、疲れがたまると、このように見えることがあるかもしれません。

こちらの画像でも、頬の状態は同じように見えます。

ボトックスは、エラをなくし、骨格をスリムにする目的でやることが多いようですが、高市早苗さんは、若い頃からシャープな顔立ちをされているので、しわをなくし、ハリを出す為にされているかもしれません。

ボトックスをすることで、ハリが出て、しわをなくすことができる持続は、通常3~4ヶ月程度だそうです。

ボトックスは、やりすぎると、自然な表情が作れなくなったり、顔に違和感がでたり、頬がこけることもあるようです。

高市早苗さんの顔が、ハリがあって若々しく見えたり、表情が固まって見えたりするのは、ボトックスが原因である可能性はありそうですね。

整形もボトックスも、悪いことではないので、これからも、高い美意識を持って、かっこいい女性政治家でいてほしいですね!