日本サッカー協会田嶋会長が無能と言われる理由は?人柄やSNSでの評判を調査!

日本サッカー協会(JFA)の会長を務める田嶋幸三さん。

10月9日、JFAは、臨時評議委員会を開催し、現役会長の信任決議を行いました。

全会一致により、田嶋会長は次期会長予定者と認定され、2022年3月の評議員会と理事会を経て、4期目を迎えることになります。

圧倒的なリーダーシップに思える田嶋さんですが、世間の声は厳しいようです。

今回は、田嶋会長が無能と言われる理由や人柄、SNSでの評判を調査しました!

日本サッカー協会田嶋会長が無能と言われる理由は?

田嶋会長が無能と話題になっていますが、日本代表の成績を問われているだけでなく、色々な理由があるようです。

ハリルホジッチ監督解任騒動

2018年4月9日、W杯ロシア大会が約2か月に迫る中、ハリルホジッチ監督を解任しました。

解任理由は、「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れてきたこと。今までの様々なことを総合的に評価した。」というものでした。

選手達の間でも危機感はあったようで、解任が妥当と思う方も多数いました。

逆に、大会直前のタイミングで指揮官を変えることに反対の意見もありました。

解任するならば、もっと早い時期にするべきだったと、協会や田嶋会長を無能だと感じた方も多いようです。

田嶋会長のお友達人事や報復人事

ハリルホジッチ監督を解任したあとは、「内部からの昇格しかない」と考え、技術委員長だった西野朗氏を監督にしたと発表。

W杯まで時間がない中、それが妥当という意見もあれば、西野氏は現場から離れていたいたのになぜ?という意見もありました。

田嶋会長と西野氏は、2人とも浦和の高校出身という繋がりがあるから選ばれたと考えた方もいるようです。

また、2016年の会長を決める選挙の際には、当時専務理事だった原博美氏も立候補し、田嶋会長に6票差まで迫りました。

ですが選挙後、原氏は2階級降格させられました。

田嶋会長はJFAの要職を、自身と関係の近い人や操りやすい人を選び、対立する人に対しては、降格人事を行ったと言われています。

田嶋会長の選択が正しいと考える方もいるかもしれませんが、世間の多くは、田嶋会長を批判しました。

東京大学ア式蹴球部100周年記念で公演

2018年5月20日、東京大学ア式蹴球部100周年記念として、田嶋会長は講演を行いました。

「これからのサッカーの話をしよう」タイトルで、日本サッカーの今後の展望についてお話されたそうです。

その際に使用されたパワーポイント資料がやばすぎると言われています。

その画像がこちらです。

棒グラフの右端がベストコンディションのパフォーマンス、左端がワーストコンディションのパフォーマンスを表しているそうです。

数値化されているわけではなく、何とも伝わりにくいこの資料は、田嶋グラフといじられるようになりました。

日本サッカー協会田嶋会長の人柄は?

「不満があっても、田嶋氏は執念深い人なので、口に出せない」「出たがりで何事にも口を挟みたがる性格」などと、関係者からは思われているようです。

高校3年生の時には、サッカー部キャプテンを務め、全国優勝を果たしています。

色々なタイプのキャプテンがいると思いますが、田嶋会長は、グイグイひっぱていく、リーダーシップのとれる人柄なんでしょうね。

日本サッカー協会田嶋会長のSNSでの評判は?

Twitterで田嶋会長を検索すると、ほとんどが、批判意見でした。

立場上、仕方のないことかもしれませんが、ここまで言われていると、かわいそうにも思えてしまいます。

日本代表がW杯に出場し、ベスト8に入ったら、田嶋会長は称賛されるのでしょうか。

日本サッカー協会田嶋会長のプロフィール!

名前: 田嶋幸三

生年月日:1957年11月21日

出身地: 熊本県

出身校: 世田谷区立用賀小学校-世田谷区立用賀中学校-浦和南高校-筑波大学

所属クラブ:1980-1982年 古川電気工業(現ジェフユナイテッド千葉)

代表歴:1979-1980年 7試合

監督歴:1999-2001年 U-15サッカー日本代表