白井健三の解説がうますぎる!わかりやすく声もいい!SNSでの評判は?

2021年6月に現役引退した元体操選手の白井健三さん。

現在は、日本体育大学で指導者をしながら、テレビで体操競技の解説もされています。

そんな白井健三さんの解説がうますぎると評判です。

今回は、白井健三さんの解説の評判を集めてみました。

白井健三の解説がうますぎる!

白井健三さんが最初に解説したのは、東京オリンピック期間中の「ZIP!」(日本テレビ系列)でした。

誰にでもわかりやすく、スムーズで、選手への敬意も感じられると、かなりの高評価!

生放送でも堂々と話せて、滑舌も良く、聞き入った人も多かったのではないでしょうか。

現在、報道ステーション(テレビ朝日系列)で、「世界体操・世界新体操 北九州 2021 」の解説をしている白井健三さん。

ガチの実演付きの解説で、こちらもかなりの評判です!

解説がわかりやすい、聞きやすい、話し方がしっかりしていると感じている方が多いようです。

声が優しい、声のトーンや話し方が好き、声が穏やかなど、声質も高感度が高いですね!

白井健三さんが解説すると、体操ファンが増えるような気がします。

白井健三のSNSでの評判は?

みなさん、大絶賛ですね!

私も、とてもわかりやすく、話がまとまっていて、滑らかな話し方で、声も聞き取りやすく心地いいと思います。

頭の回転も良さそうなので、将来は、体操競技にとどまらず、スポーツ庁長官とかになってそうな予感がします。

白井健三のプロフィール!

名前:       白井健三

生年月日:1996年8月24日

出身地:    神奈川県

出身校:    神奈川県立岸根高等学校ー日本体育大学ー日本体育大学大学院

身長:       164㎝

白井健三さんは、兄の影響で3歳から体操を始め、小学3年生の時に、両親が設立した鶴見ジュニア体操クラブに入り、本格的に体操競技を始めました。

2013年に、床運動で史上最年少の17歳1ヶ月で世界選手権金メダルを獲得します。

その後、世界大会で数々のメダルを獲得し、2016年のリオ五輪では、団体総合で金、個人跳馬で銅メダルを獲りました。

床運動と跳馬を得意とし、それぞれの種目で「シライ」と名前がついた技があります。

国内では「ひねり王子」、海外では「Mr.Twist」と呼ばれています。