関水渚の演技力は?下手すぎとの噂も!出演作の動画でチェック

現在放送中のドラマ「八月は夜のバッティングセンターで。」で主演をされている関水渚さんですが、演技が下手すぎと噂されているようです。

ですが、初々しくとても可愛くて、スタイルも抜群なので、これからブレイクする予感もします。

ここでは、関水渚さんの演技は本当に下手なのか、SNSでの評判や出演作の動画で実際に見てみたいと思います。

関水渚の演技力は?下手すぎるとの噂も!

関水渚さんの演技が下手すぎるのか調べてみると、やはり演技が下手という声があがっていました。

他にも、「演技が好きじゃない」や「演技が無理・・・」という意見もあり、関水渚さんは演技が下手という意見が多数ある一方、演技が上手という意見もたくさんありました。

演技に惹きつけられた」「演技が良かった」など、関水渚さんの演技が上手という意見も、たくさんありました。

関水渚さんの演技は上手ではないけれど惹きつけられるという感じでしょうか。

コメディが得意な女優さんになれば、幅広い世代から人気が出るかもしれませんね。

関水渚の演技力がわかる出演作動画

アノニマス

テレビ東京で放送された「アノニマス」では、香取慎吾さん演じる主人公・万丞(ばんじょう)の相棒・碓氷咲良を演じた関水渚さん。

咲良の新人感溢れる、正義感が強い役どころに、「ウザい」や「うるさい」といった感想をもった方も多く、それが、関水渚さんの演技が下手と感じた原因になった可能性もあるのでしょうか。

元気いっぱいでかわいいですが、たしかに見ていると疲れるような気がします。

初月は夜のバッティングセンターで。

現在、放送中の「八月は夜のバッティングセンターで。」は、関水渚さん、初主演となるドラマです。

関水泉さんは、叔父が営むバッティングセンターでアルバイトをすることになった17歳の女子高生の夏葉舞を演じています。

元気でまっすぐな役どころは、関水渚さんにピッタリで、当たり役だという意見が多いようです。

私は、大きな声で叫ぶようなセリフは、違和感がないように感じました。

町田くんの世界

1,000人を超えるオーディションの中から選ばれ、ヒロイン・猪原奈々を演じた関水渚さん。

町田君の世界」は、関水渚さんの映画初主演作であり、女優デビュー作でもあります。

関水渚さんは、この作品で、いくつかの新人賞を受賞しています。

とてもよかった」「演技が最高でした」「とにかく輝いていて眩しい」など、高評価の多い作品です。

新人の初々しさが全開で、現在より素人っぽさがあるかもしれませんね。

 

関水渚のプロフィール

本名   関水渚 (せきみずなぎさ)

生年月日 1998年6月5日

出身地  神奈川県

血液型  O型

身長   159㎝

渚という名前は、お父様がウィンドサーフィンをしていた逗子市の海にちなんで、命名されたようです。関水渚さん自身も趣味がウインドサーフィンということで、元気なイメージにピッタリですね。

高校時代は野球部のマネージャーをしていたそうで、現在出演中のドラマ「八月は夜のバッティングセンターで。」とリンクして、ますますアクティブで元気な印象です。

目標は、朝ドラ女優になることのようですが、元気なイメージの関水渚さんが、目標を叶える日は、そう遠くないような気がします。